2015年1月 2日 (金)

いつの間にかJ2が魔境化してる。

昨シーズンガンバ大阪が3冠を果たした事に絡めて「辛口」が持ち味のセルジオ越後氏がいつもの事ながら「辛辣」風なことを述べておりました。
大ざっぱに言えば
ーJ1昇格したばかりのクラブがリーグ優勝したばかりかカップ戦も含めたタイトルを獲得してしまうのはJ1とJ2の力の差がなくなり、それはつまり日本サッカーの衰退に繋がる。ー
と言うもの。

まあ、普段Jリーグをあまり見ない人や、J1しか見ない方なら当たらずとも遠からずと思ってしまうのかもしれませんが、2010シーズン降格し2011シーズンをほぼ前年と同じ戦力で闘ったFC東京や2012シーズン降格し2013シーズンをやはり前年に近い戦力で闘ったガンバ大阪。
それと一年でのJ2生活を逃れることは出来なかったジュビロ磐田でしたが、その戦力はJ2でもインパクトのあるものでした。
そういったクラブがJ2で戦い且つ現在進行形の日本代表や各国代表を通常戦力として使うのですから、既存のJ2クラブの選手やサポーターのモチベーションも自然と上がります。
そして試合でマッチアップする選手のプレーするレベルも自ずと上がっていき、気づかぬうちにJ2が難しいリーグになっていってるんだど素人目には思うのです。

J1に戻る為に選手が真剣に考え毎試合痺れる思いをし地べたを這う思いをしながら一年を乗り切り結果を出したクラブは心身ともに最強になる余地は十分にあると思います。
事実FC東京だってJ2優勝した勢いで天皇杯も獲得できたわけです。
そう考えればガンバ大阪の昨シーズンの成績は全然不思議な事でもないし、それによってJリーグのレベルが下がったとも思えないのです。
この5~10年位がいろんな所を含めてJリーグの過渡期なんではないかな。

今まではJ2に降格してもそこそこのお金をかければ難なく昇格出来た面も否めませんが、これから先下部デビジョンのレベルが上がり易々と昇格出来ないとなれば否応なくJ1の切磋琢磨も激しくなるでしょうし、有名どころの海外プレーヤーをもってきても即効果アリではないセレッソ大阪の姿を見ればクラブフロントが今より真剣にクラブ経営を考えるようになるでしょうから氏の「辛口」で「辛辣」風な憂いも必要ないと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

J1昇格プレーオフ決勝@味の素スタジアム

日にちが前後してしまいますが先週行われたJ1昇格プレーオフ決勝から。

例年なら完全中立地である国立競技場で開催されてますが2020東京オリンピックへ向け一向に進まぬ建て替え工事に伴い今年は代替地として味の素スタジアムでJ2リーグ3位のジェフユナイテット千葉と6位のモンテディオ山形が対戦。
毎年下位の順位のクラブに敗れる苦杯をなめ続けているジェフが今年こそ「三度目の正直」なるか、はたまた「二度あることは三度ある」を繰り返してしまうのか。

キックオフ前のスタジアムの雰囲気は両サイドスタンドの熱と、準決勝のタイムアップ寸前のアディショナルタイムにみせた山形GK山岸の決勝点の話題から足を運んだと見られる方が多いバックスタンドや2階席の微妙に醒めた感じが相まってなかなかのコントラスト。
選手入場時にはジェフはコレオ、山形はビックフラッグを掲げ選手を鼓舞。
しかしこういったとき必要以上の仕掛けをすることが逆に選手を萎縮させたりすることもあるのでジェフのコレオに一抹の不安のようなものを感じました。

立ち上がりからジェフに硬さが見られると同時に、スターティングも傍観者としては「引き分けやむなし」かなと思わせるメンバーに疑問も残りましたが贔屓のクラブではないので細かいことは気にせず観戦しました。

双方チャンスを決めきれず前半40少し前に山形が先制。
後半もお互いに詰めが甘くそのままタイムアップ。
ヤザーや森本、ケンペス等の戦力をもってしても、またもや来シーズンもJ2生活となってしまったジェフ千葉。根本的な問題点は選手のメンタルと監督の運ではないかと勘ぐってみたくなります。
かたや山形はPOや天皇杯で勝ち進んでいることでクラブ全体の一体感と自信が勝因だと思います。
来期のJ1返り咲きを果たした山形。たぶん今のやり方にスピードがついてくれば苦戦することも多くはないと思います。

傍観者的に楽しいゲームでしたがJリーグ運営の味の素スタジアム開催があれほど酷いものになるとは思いませんでした。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月25日 (月)

なくならない侮蔑行為

23日に三ツ沢で行われた横浜FM-川崎Fの前半、ホームゴール裏で行われた侮蔑行為。
シーズンはじめ、レッズが無観客等の制裁を加えられたのをもう忘れたのでしょうか?
年齢が若かろうと許される行為ではありません。
差別を意図していないと言い訳しているようですが、行為に対してキチンと責任を持つことが出来ないのならば自ら何かを仕掛けるようなことをせず、誰かの後ろを阿呆のようについて回ってれば良いのです。
三ツ沢でその行為が行われた場所は、どうやらかなり中心に近いエリアだったようですし、ゴール裏そこそこのメンバーが初動において開き直りともとれる言動をし、その後火消しに奔走しておりましたが後の祭りです。
個人の行為だとしても、悪いものは悪い!たとえ仲間内であっても許してはいけないこともあるのです。
横浜FMフロントが迅速に対応したと評価する向きもありますが、迅速に対応することは当たり前のことで評価になどは値しません。

われわれFC東京のゴール裏近辺に出入りしている者で以前、FC東京と無関係の試合でしたが相手を聞くのも見るのも恥ずかしい言葉やジェスチャーで差別侮蔑しているのを数度見たことがありますので、あくまでも横浜FM憎しで書いているものではありません。
Jリーグは云うに及ばず代表戦でもそのような輩をみんなで排除できる機運を作らなくてはいけない段階に来てしまったのかも知れませんね。
浦和の一件で自浄作用が働くことを少なからず期待していたのに残念です。

今回の行為に対するカウンターで「バナナを食す」という愚かな行為も絶対にやらないでくださいね。
差別や侮蔑はそのような軽いカウンター行為では絶対に無くならないし
低俗なマスメディアの格好のネタにしかなりませんから。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

大阪カカウに名古屋川又

時期的にはまだ少し早いですがJ1残留に苦しむ
名古屋グランパスに川又、セレッソ大阪にカカウの移籍加入が発表されました。
川又についてはFC東京も引き抜きを希望するクラブのひとつであったと報道されていましたが、彼が来たとしてもどのポジションに入れるのか疑問でしたし、FWの競争の激しさから鑑みても出場機会を得ること自体がかなり厳しいだろう事は想像に難くないですので結果としてよかったのではと思います。

しかし、FC東京がJ2へ降格したときもそうですが、成績が低迷する原因を得点力不足にあると見て、FW等の前目の選手を補強してしまうのはJ1クラブの哀しい性なんでしょうか?
もしかしたらセレッソもグランパスもこの補強が良い結果を生む可能性もあるでしょうが、下位にあえぐクラブの本質的問題は点を取れないことよりも、耐え切れず失点して負けてしまうことにあると思うのです。
ですから本来であれば守備力に長けた中盤の選手や、ポテンシャルは高いけど所属クラブで1番手に選ばれない不遇なDFを補強するほうが短期間でも効果が出るような気がするのですが。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

尹晶煥監督、サガン鳥栖退団?

「現在Jリーグ首位のサガン鳥栖、尹晶煥監督退団」がリリースされてます。
オフィシャルからアナウンスがないようですから真偽のほどは判りかねますが、
先日のエスパルス、ベガルタに続いてまたもやシーズン途中で指揮官が代わったクラブとの対戦というのにはそう滅多にお目にかかることはありません。

明日、天候不良等で延期にならなければセレッソ大阪も中断期間あたりにポポビッチを解任してますから、件のクラブの偉い方々はもしかしたら、FC東京は新監督や代行監督の手腕をはかるにはちょうど良い相手と思っているのでしょうか?

鳥栖の件で他人事なので一番興味があるのは、
今の好成績を手中にするまで尽力してきた尹さんと切れることで選手の人身掌握を代行するコーチや、招聘されるかも知れない新監督が出来るのか?
という点です。
Jではたしかセレッソとサガンでプレーしていたと思うのですが、
サガン鳥栖でプレーヤーからコーチ、監督へとステップアップした実績それ自体が、クラブの成績が厳しいときでも彼から発せられる一言一句が大きな説得力にもなるでしょうし、けして多くない予算でJ1へ昇格し、且つ上位争いまで出来る強さをつけてくれたことに人間的にもリスペクトしている選手が多いと思います。

よくある成績不振で監督更迭なら、残った選手は前任監督に対しての後ろめたさから死に物狂いでがんばって、正に「手負い」になりともすればそれまでの弱さが嘘のように勝負強くなったりもありますが、好調を維持してきたクラブのこのような出来事が選手やファンサポーターにどういった影響を与えるのか全くイメージできません。
ですが来週のアウェイ鳥栖は相手の混乱や迷いが少しでも垣間見えたら情け容赦なくソコを衝いてよい結果を持ち帰ってもらいたいです。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

恒例の大宮のお家騒動勃発かと思ったら・・・・。

つい先日、大宮アルディージャが「成績不振」と「一部選手が起用法に不満」その他諸々で大熊監督更迭の虚報が某スポーツ紙で伝えられました。
フロントからアナウンスなしの「関係者」からのリークの形ですが、
昨日、大宮フロントから正式に記事を「否定」するコメントが発せられました。

成績不振は昨日今日始まったことでないし、選手の不出来を省みず指揮官の戦術、戦略を否定する。フロント首脳陣が姿を現さず常に逃げる。こういったのを見聞きするごとに大宮アルディージャを取り巻く環境の劣悪さを感じざるを得ないです。
そして事実を報道すべき大宮を担当するメディア、記者が気持ちが悪いくらいに選手とフロントにべったり癒着している体質に恐ろしささえ感じます。

上手くいかないと指揮官たる監督が悪い。
選手の体力のなさから走り負けても監督が悪い。
バスを囲まれてスタジアムから出れなくなっても、現場責任者たる監督に対応させる。

毎年のようにシーズン途中の監督交代を繰り返す大宮の諸悪の根源は、おそらくフロント、選手、メディアの3者でと思います。
そして監督さえ代えればどうにかなると思っているファン、サポーターが選手を甘やかしひ弱な集団にしてしまっているように思います。
毎シーズン「奇跡の」残留を果たしていることもクラブを取り巻く方々に悪く作用しているのかも知れません。
シーズン終盤まで成績が振るわなく残留争いの波にもまれても、どうにかJ1に残留し曲がりなりにも国内トップリーグに身をおくことが出来るばっかりに「自分たちは大丈夫」という変な自信が翻って、選手、スタッフ、ファン、サポーターに強いクラブを作る気持ちを芽生えさせず、「とりあえずJ1にいるから満足」な弛緩した気持ちを生んでしまうのかも知れません。

FC東京はフロントスタッフと観客の距離がとても近いですが、お互いに良い距離感を保ち、なあなあになることなく、善悪の判断、批判等が互いに出来る関係を今後も続けていってほしいです。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)

Jリーグ初の無観客試合裁定

土曜日の埼スタでコンコースに掲げられた浦和レッズサポーターグループによる差別弾幕を通りかかった良識ある複数サポーターからの件の弾幕掲出をやめさせるよう、或いは即刻取り外すように指摘、クレームを受けていたにもかかわらず試合終了後まで放置したことによってネットに晒され、あっという間に日本中のスタジアムのみならずニュースにまでなってしまった例の件。
どこのクラブでも(当然FC東京も含まれます)見かけるクラブスタッフと、中心的または大所帯のファン、サポーターグループによる癒着体質により、処理の仕方を誤った少数の愚か者たちの事なかれ体質によって、小さな火種で済ますことが出来たものを僅か数時間で全国規模で恥を晒すことになった事に同情の予知は全くありません。
スタジアム界隈で良識のある、いや常識のある行動言動をされる方は僕の知る限り大きなグループであったり中心的な人々の中にははぼ存在し得ないと断言できます。
そういった意味で今回をきっかけに問題を起こした浦和レッズだけでなく
Jリーグ各クラブのフロントスタッフはファンサポーターとの関係性について
もう一度足元を見直して、適度な距離感へ修正しなおす必要を感じます。

今回の事案も少数または個人の方々からの指摘にクラブスタッフは真剣に向き合うことをせず、
明らかに間違った行為をしているにもかかわらず人数の多いグループの言い訳を
優先した結果クラブのみならず日本サッカー界全体を危機に陥れた愚挙。これは企業としても人間としても許されるものではありません。

我がクラブについて考えてみると
ここ数年ゴール裏中心エリアの両サイドの階段に
我が物顔で座っていたり、消防法の観点からすると絶対にしてはならない
階段部分での90分通しての観戦、
所謂ゴール裏での椅子立ちは破損時のクラブによる負担をなくすため禁止になったはず。
そういったつまらないことで大きな事故が起こるのを未然に防ぎたいという気持ちでFC東京スタッフへキチンと指摘している方を知っているだけに、いまこそ小さな声にも耳を傾けスタジアムを快適なものに変えていくチャンスだと認識してもらいたいです。
そうしないとスタジアム、ゴール裏は常識、良識の要らぬ特別な場所という間違った考えを持った者の「聖域」になってしまいます。

浦和の一件はどこのクラブにも起こりうる身近にある危機。
浦和憎しの論点ずれの方々が多くいらっしゃるようですが
週末をスタジアムで過ごすことが日常の多くの方は
これを機会に、私自身もですが襟を正して不正とは厳しく闘っていきましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

ヴァンフォーレ甲府に小さな雪害

ヴァンフォーレが先日の大雪の影響でホームスタジアムでの開催が困難ということで
、国立競技場での開幕となってしまいました。
皮肉なことに代替地の発表がなされた翌日に
山梨へ派遣されていた自衛隊の撤収が発表されたり
この判断が全ての面で正解か不正解かよく判らぬ事になっています。

開幕戦の相手がアントラースということで国立開催では
ヴァンフォーレ的にはホームアドバンテージが殆ど期待できない状況も想像に難くないのですが、超格安のオフィシャルツアーを敢行するようなので
それに+αで自力で東京へ向かう方も含めて
めったに経験できないイレギュラーの開幕戦で
ホームの雰囲気を作れるように頑張ってほしいものです。

冬開催にシフトしたがってるJリーグ実行委員の皆様こそ
山梨や群馬等、雪によりサポーター諸氏の力で
除雪をしようとしているスタジアムへ出向き
自らの手で開催可能になるまで除雪作業に尽力してもらいたい。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

鹿島VS川崎、悪い前例を作ってくれた

そもそも、あの中途半端な時間帯で中断して、誰が聞いても「?」な理由でノーゲームにした時から、当事者は(特に川崎)あまりにも理不尽な裁定に感情のぶつけ所に困った事でしょう。
しかしそれ以上にまずい事に、このゲームが僅か残り16分+アディショナルタイムだけの為に「天気以外」当日と同じ条件で行われることで話しがまとまってしまいました。
試合そのものを最初からやるのならある程度理解出来ますが(納得するという意味でなく)、観客有りの場合ホーム鹿島側はいいとしても、アウェイである川崎な人はホント中途半端な短時間の為に、平日に再度潮来の先まで行かなくてはならないわけでその手間隙には心底同情します。また、それ以上に当日はスタジアムにいたのに再試合?の日にはいろんな事情で現地へ行けない人はホントに可哀相ですね。

で、今回このような解決法がチョイスされたということは、今後似たような事が起こった場合、先例が出来てしまったからにはこのケースも解決方法のひとつとして考慮されるんだろうな〜。
Jリーグも早いところキチンとしたレギュレーションを作って誰にでも判りやすい、双方の観客同士に遺恨の残らぬルール作りを早急にお願いしたいです。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

鹿島vs川崎残り15分でノーゲーム

他人事ながらフロンターレな方々には同情します。
1-3アウェイ鹿島でリードの場面で雨天(天候不良)のためにノーゲーム・・・。
どんなもんですかね、勝ち試合を自然現象とはいえみすみす諦めなくてはいけない川崎と
追いついたのに突き放され、時間の経過で敗戦濃厚だったのに首の皮一枚で救われた鹿島。

関係の無いものにとっては再試合でこのゲームがどちらに転ぶか興味がありますが、川崎にとってはリーグ、ACL、天皇杯、ナビスコ決勝と地獄のような連戦。強いが故のってやつですか・・・。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)